肌を綺麗に保つには、洗顔は欠かせない物です。

化粧品の基礎となっていると言えます。洗顔ですが、一日に二回まででいいのです。洗顔をするということは、毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とすもので、洗えば落ちるのですが、この皮脂に関しては、取ると必ず肌は、それに反応して、また皮脂を出そうとします。つまり洗顔の回数が多すぎると、肌が皮脂が出やすい肌になってしまうのです。そういう意味で洗顔は一日に二回程度が妥当です。洗顔剤はクリーム状のものが多いんですが、実は固形石鹸が良かったりします。クリーム状やチューブで出すタイプの洗顔剤は汚れがよく落ちるように界面活性剤が含まれています。さらに洗顔後に顔のつっぱった感じが出ないように油も少量ですが混ざっています。

しかし固形状の石鹸の多くはこの界面活性剤が含まれていないものが多いです。固形石鹸でしっかりと時間をかけて泡で洗うイメージでいいのです。成分は弱酸性とかの表示がありますが、洗い流す水は、中性の為肌は中性に戻ってしまいます。だから成分そのものにそうこだわらなくてもいいです。クリーム状やチューブで出すタイプの洗顔剤も固形石鹸と同じ効果のものがありますが、それを見分けるのは難しいのが現状です。化粧品選びが難しいように洗顔剤を選ぶのもまた難しいのです。その点固形石鹸は失敗が少ないです。使いすぎがないためコストパフォーマンスに優れています。化粧品は色々と試行錯誤はありますが、洗顔は基本に返って固形石鹸を使うのもスキンケアといえます。
ロダンフィールズのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *