「化粧水をなかなか使い切れなくて、1本を3か月かかる」「おととしの限定品のアイシャドーセットがある」という人もいますが、実は化粧品にも使用期限があり、それを過ぎて使うことで肌らブルが起こる可能性もあるのです。

未開封の化粧品は、一般的に製造より3年が使用期限だと言われています。しかし化粧品には使用期限は記載されていません。これは薬事法で「通常の保管の状態で3年以内に変質するもの」に使用期限の表示義務があります。化粧品には使用期限記載されていないので、未開封で3年間は保管ができる言うことです。開封済みの場合の使用期限はもっと短くなり、毎日肌に触れているスポンジなどが触れるため雑菌が増えやすくなります。そのため、開封から約半年が使用期限だとも言われています。特に乳液やクリームなどの油分が含まれているものは酸化しやすいため、使用期限はもっと短くなるとも言われています。

肌に直接つけるスキンケア商品や化粧下地、ファンデーションや日焼け止めなどは開封から半年程度です。リップクリームや口紅も唇に直接触れる商品のため、目安は半年となります。メイク用品のアイシャドーやチークは1年程度が目安になります。特に防腐剤や保存剤が入っていない商品はより変質や酸化が早まるので注意が必要です。使用期限を過ぎても使えるからと思っていると、大きな肌トラブルが起きる可能性があります。自分の肌を守るため、化粧品の消費期限も気にしながら美しく健康な肌を保ちましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *