無添加の化粧品などは「開封してから1ヶ月以内」など箱に使用期限の指定があるので気にして使っていますが、特に指定がないものに関してはあまり期限などは気にせず使っている人がほとんどです。

ですが化粧品にも基本的な期限は決められており未開封の場合は製造から約3年間とされています。ただ製造日からと言われてもその日付自体記載されていなかったりするのですが、これは薬事法で「3年以内に変質する」化粧品には有効期限の表示をするよう定められているからで、製造日も使用期限も表示がないという場合は未開封の状態であれば3年間は品質保証がされているということになります。ただしこれも未開封であればの話ですので開封してしまったら6ヶ月以内には使い切るように奨められています。これは一度でも空気に触れてしまうと酸化が始まるため細菌が繁殖すること、手や口が触れた部分から雑菌が入ってしまうことなどが理由です。

特に乳液やクリームなど油分が多く含まれているものは酸化しやすいので6ヶ月を目安にするのではなく、なるべく早く使い切る必要があります。また化粧品は日光や湿気によっても劣化しますのでお風呂横の洗面所など湿気が多い場所に置いたりせず、日光が当たらない風通しの良い涼しい場所に保管するようにしましょう。加えて購入日や開封日を忘れないよう容器やカレンダーなどに記入しておき、使用期限が過ぎた化粧品は使わないようにする工夫もしておいてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *