知っておきたいお中元の基本的なマナー

お中元の時期になると、どんな品物を贈ればいいのかわからない、返礼はどうすべきなのか、そもそもお贈る時期さえわからない等、こんな不安を抱える方もいるはずです。


確かに相手との関係性や地域によっては、お中元の中身や贈るタイミングに違いが生じるのも事実。

お中元に関する情報を公開中です。

ただしどんなケースであっても、基本的なマナーさえ抑えておけば、それほど不安に感じる必要もありません。お中元では、普段の社会的な関係性の上でお世話になっている方に対して、まず目下の方から贈るのが基本。

仕事関係であれば会社の上司や大切な取引先などが対象になります。

それ以外では、今までお世話になった恩師や友人知人、親族ならば結婚相手の義理の両親なども、十分に該当します。
最初に困りやすいのが、お中元を贈る時期です。



相手方の地域の風習によっては、時期がズレてしまうケースもよくあります。

まず関東や東北地方など東日本エリアでは、7月初旬から7月15日までが中心。


ただし北海道だけは、東海や関西そして中国四国など西日本エリアと同じく、7月中旬から8月15日までが基本となります。

さらに九州地方では8月1日から8月15日が一般的です。


贈る品物の中身については、相手の好みや家族構成から選ぶことが大切。

予算でいえば親族には3000円、会社の上司などには5000円、そして特にお世話になった方には1万円が一つの相場となっています。


お中元は日頃の感謝を伝える儀礼なので、必ず熨斗をかけることを忘れないようにしましょう。