お中元を贈る際のマナー

お世話になっている人に夏の挨拶と感謝の気持ちを伝えることができるのがお中元であり、昔から定番となっている日本の文化の一つです。
しかし単純に贈れば良いというわけではなく、お中元にもマナーがあるのでしっかり考えて準備することが大切です。

西日本と東日本ではタイミングにも若干の違いがあるので、相手の住んでいる地域に合わせることがポイントです。


手渡しすることが丁寧ですが、今の時代では遠方に住んでいる人も多いので郵送でもマナー違反となるわけではありません。


その際には、相手が受け取ることができる日時を聞いて合わせて送るようにするとより丁寧な印象を与えることができます。

お中元に対する期待が寄せられています。

お中元で頭を悩ませるポイントとなるのが、金額やアイテム選びではないでしょうか。
一般的には三千円から五千円程度となっていますが、特別お世話になった相手には一万円でも問題はありません。しかし最初に行ったお中元からその後金額が下がることは、失礼に当たってしまうのでその点もよく考えた上で金額を決める必要があります。



夏場ということもあり冷たいドリンクや素麺、ゼリーが定番のアイテムとなっていますが、相手の好みに合わせることが最も良いと言えます。



家族構成にも注目しておき、少人数に対して賞味期限が短いものをたくさん贈らないようにするなど、基本的な配慮はしっかりしておきましょう。

お中元にもマナーがあり、守ることによって感謝の気持ちを相手に伝えることができるようになります。